オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!

2013年2月19日火曜日

老眼鏡をかけると、老眼が進む・・・・。眼鏡屋がそれを言ってはいけない。

ちょっと、信じられないセリフを聞いたメガネのハマダ(@meganenohamada)です。

タイトル通り、「老眼鏡をかけると、老眼が進む」

という、まあ、ありふれた誤解の話なのですが、
何が問題か?というと、

「櫻井翔くんがCMやっている眼鏡屋さんでそう聞いた」

というところです。

さらにびっくりしたのは、上記のセリフに続き、
「買わなくてもいいですよ」
と言ったらしい。

今回は、このセリフの内容について、ちょっと考えてみましょう。

 お客様は、自分の都合のいいように解釈するので、
その眼鏡店の店員のセリフは正確ではないな とは思いますが、

「老眼鏡をかけると、老眼が進む」

というのは、まあ一般的に考えてウソです。

1.ハッキリ見えない状態で、困っているから老眼鏡をかける、メガネを掛ける、
コンタクトを付ける

わけです。

基本的に視界がクリアになって、視力が改善するのです。


2.そして、一旦老眼鏡をかけ始めると、もう老眼鏡が外せなくなるし、
どんどん度が進む(度の強いものに掛け替える)

というのも、事実であるので、そう思われてもしょうがない部分もあります。

 この2点を踏まえて、説明すると、
ハッキリ見えると、脳の情報が書き換えられるのです。
脳は、快楽を知ってしまうと、そこからランクを落とせないようになっているのです。

ハッキリ見えてしまったら、その映像が標準となってしまい、
“見えないこともないけど、ハッキリしない”という映像は、見えない という判断となってしまい、

前は見えたのに、今は見えない → 度が進んだ

と思ってしまうのです。

これは、脳の情報が書き換えられただけであって、老眼が進んだわけではありません。


ちょっと、話がずれますが、
目の悪い人は、自分が目が悪い という事は知らないのです!
生活に支障が出るレベルの場合は別ですが、特に不自由を感じていない人は、
自分は目がいいと思っているのです。

特に乱視のみの方は、そう思っている場合が意外と多いです。

そしてですね 、視力補正(メガネ等を作る・掛ける)すると、裸眼の生活には戻れなくなる場合が多い ですね。

話を老眼に戻して、
老眼の進行を遅らせようと思ったら、いわゆる“アンチエイジング”に気をつけたほうが良いです。
読んで字のごとく、眼の老化現象ですから、運動したりとか、食べ物に気をつけたりとか

まあ、そういうことです。




もう1点、
「眼鏡必要ないですね。買わなくていいです」
は、量販店(眼鏡屋)の店員としては、失格です!

安売り店であれば、原価を計算して、遠近両用眼鏡の販売は避けたいところ。
お客様の年齢も50歳前後でしたので、老眼でないことはない のです。

通常、遠近両用の使用をおすすめしたりしますが、原価を計算すると、
「遠く用」と「近く用(老眼)」の2本買い推奨です。

2本買ってもそれほど高くはならない計算ですからね。
お客様にとっても負担は少ない。


ただ、メーカーにとっては、ヤな話です。





最後までお読みいただき、ありがとうございました。




ハマダのブログには書けない話
空メール登録は こちら

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge