オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!

2015年6月8日月曜日

LINEの画面が見づらくなったら、どのメガネを買うべきか?

メガネのハマダ(@meganenohamada)です。


ご無沙汰しております。イマイチまとまった時間が取れなくて更新しておりませんでした。

さて、最近の事例(来店客)からみる、“老眼”→「遠近両用」「老眼鏡」
の話を書こうと思います。


初期症状(自覚している範囲)では、「まだ老眼じゃないし」「パソコンの画面が見づらいだけ」
とかそんな感じです。

一昔前なら、新聞の株価欄が見えないとか でしたが、
ついこの前までは、「ケータイのメールか画面が見づらい」

しかし、最近は「LINEの画面が見えない」

になってきました。


スマホで見ているのに。拡大すればいいじゃない!と言うかもしれませんが、



LINEの画面は、ピンチアウト出来ないのです。

コレは非常に不便な状況になっております。それだけ、LINEが生活の中に浸透してきているということなんでしょうけど。
(困っている方々の年齢層からして、孫ちゃんの顔が見えないとかが多いですけどね)


この状況下で、“遠視”の方なら、遠近両用でいいでしょう。

近視の方も、初めての遠近で慣れないかもしれませんが、遠近両用でいいでしょう。
余裕があればちょっと度数を落とした中近距離専用の眼鏡を1本でもいいでしょう。


問題は、「正視」または、弱い近視(普段眼鏡なし含む)
の方々。

普段かけない方にとって、メガネを掛けける事自体が煩わしいし、無くすこともあるので、
出来れば遠近で。

みたいな話の流れですが、



慣れないし、メガネ外したほうがいいよ。


そういう感想が多いです。それは素直な感想なのです。しょうがないけど。


単焦点の老眼鏡でない場合、メガネ業界的には、


こういうのを勧めるわけです。
老眼鏡がベースで、奥行きのある視界を得られますので、使い勝手がいいので。
近々レンズとか近用ワイドレンズとか呼ばれているものです。

これも、なんか見えないと言われれば、


こういった、下の方に弱~い度数が入ったレンズをおすすめするのです。
ちょっとお高くなっちゃいますけど、この老眼(遠近両用)予備軍にオススメするレンズ
をお勧めするには、訳があります。

単価が高くなるからではありませんよ。

“歪み”が少ないのです。

コレは大きなメリットなので、上下の度数差が少ない方にはおすすめしています。

またこのくらいの弱度数のうちから慣れておけば、老眼が進んだ時の遠近にも順応しやすいです。



でもね、コレでもダメよ~。裸眼の方がいい。
とか言われちゃう場合があります。主に弱い近視の方。


この問題も大体解決するのですが、近視を入れて、ちゃんと見せているから起こりうる場合が多いのです。

近視系の方には、遠視系(プラスレンズ)を足すことになりますので、もう、気持ち悪いです・・・・・

裸眼でOKなら、裸眼プラス、近視系(マイナスレンズ)を足してあげれば、大体解決します。


近用ワイドレンズは、逆加入と行って、遠近のように「プラスレンズ」を加えるのではなく、「マイナスレンズ」を加えるのではなく加えていますので、
近視系の方にとっては、馴染みがあります。


裸眼でいいという方は、この近用ワイドの“度なし”をオススメします。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

店舗情報
ほんどおり商店街の真ん中あたり(アーケードの中)です。
【住所】鳥取県米子市紺屋町46番地
【営業時間】13:00~19:00
【定休日】第1、第3 木曜日(&突然)
【TEL】0859-57-5621 【FAX】082-553-0608
【E-mail】info@megane-no-hamada.com

友だち追加数

ネットショップ

老眼鏡ショップ:メガネのハマダ

サングラスショップD

<駐車場地図>“F”が当店の駐車場になります

大きな地図で見る

通話料半額!:楽天でんわ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge